【手帳術】私の「1週間1ページ絵日記」の書き方

スポンサーリンク
絵日記とおやつの手帳時間 文房具・手帳

日記歴20年になりました。前回まで1日1ページを書いていましたが、仕事や私生活が忙しくなり空白のページが増えていきました。真っ新なページを見るたびに罪悪感を覚え、やがて開かなくなる…。それにさらに罪悪感を覚える…。3日坊主で飽き性な性格も加えて、日記を続けるって難しいな~と感じました。

本記事では、飽き性の私が楽しんで書いている「1週間1ページ絵日記」の書き方を紹介しています。1週間で1枚のページを仕上げるのが、今の私には程よい量でした。

参考になりますように。

スポンサーリンク

1週間1ページ絵日記の書き方

私が使っている手帳

1月始まりのロルバーンダイアリーを使っています。巻末のメモページに1週間1ページの絵日記を書いています。

↓詳しくはこちら

まずルールをつくる

私が設けているルールは4つ。

  1. 見出しを書く
  2. 大きな絵をひとつ描く
  3. トピックは3~5個まで
  4. 綺麗に描こうと意識しない

書きながらできたルールなので今後変わっていくかもしれません。ゆる~く意識する程度ですが、一体感のあるページに近づいていると思います。それぞれ理由がありますが、長くなるので別記事にまとめますね。

記録したい出来事をメモ

走り書きで字が汚くてごめんなさい

該当のページの隅にシャーペンでメモしています。初めは付箋に書いていましたが、携帯する面倒くささと、剥がれ落ちて無くすリスクを考えてやめました。

この段階で頭の中でルール②の大きな絵をどのトピックにするか頭の中で考えています。

シャーペンで下書き

上から下に向かって書いていきます。大まかに絵を描くポイントだけ印を先につけ、本格的な下書きをスタートします。

もしスペースが余ってしまってもシールで埋めるのであまり気にしません。

ボールペンで文字をなぞる

下書きの文字をなぞっていきます。2度書きなので、誤字脱字チェックにもなって良いです。直書きするときもありますが、修正テープのオンパレードになるので向いていませんでした。

私が使っているのはuniのstyle fit 0.28。他のペンを試しても、このペンに帰ってきます。ガリガリ書きたくて、細いペンが好きな人におすすめ。

絵の線をなぞる

文字はボールペン(水性インク)ですが、絵は耐水性のインクのペンでなぞります。後から色を塗るときに滲んでしまうからです。

created by Rinker
サクラクレパス
¥324 (2024/04/24 17:15:07時点 Amazon調べ-詳細)

私が使っているのはPIGMAの005です。耐水性インクなので上から色を塗っても滲まず、かなり細くて書きやすい。イラストレーターや建築家の方が使っているのをよく見ます。細すぎるせいか、筆圧に気を付けないとペン先が消えます。

絵の色を塗って、見出しを書く

主に、色鉛筆と呉竹のクリーンカラーを使って塗っています。塗る順番にこだわりはなく、目についたところから塗っていきます。instagramでは塗っている動画も投稿しています。タイムラプスなので10倍速ぐらいかな?

↓よく使う色はこちら

見出しはクリーンカラーかマイルドライナーで書きます。バランスを見てと言っても、直感で色を選んでいます。後から違う色が良かったかな~と思うこともしばしば…失敗したらどうにもならないので一番緊張します。

隙間を埋める

ドットやシールで隙間を埋めていきます。最近はキラキラしたシールを使うことが多いです。箔押しされたシールを貼ることで、なんだかページが豪華に見える気がします。ページをめくる度にキラッと輝くのもポイント。

↓100円で買えるおすすめシールはこちら

自分のペースで楽しみましょう

1週間1ページにしてから「もっと描きたい」という気持ちを取り戻しました。「書かなきゃ!」とばかり思っていた頃の私に言いたい、自分のペースを知りなさいと。2022年は1週間1ページを続けていく予定です。改めてよろしくお願いします。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました